TOP

東京の風俗に行くために仕事をやっていると言っても過言では無い私の体験談です。

今時の子だなって思った風俗嬢

この前浅草の風俗で指名したAちゃんは可愛い雰囲気と共に、今時の女の子だなって思った風俗嬢です。話がダラダラでどこか気怠そう。そんな雰囲気が今時の女の子っぽいなって思った風俗嬢だったんですけど、彼女はなかなかのモノを持っていました。そうです、巨乳だったんですよ。風俗店のホームページでは谷間は見えていました。ただ今の時代は下着っていう強烈な「サポーター」がいるので、実物を見るまでは安心出来ない部分もあるじゃないですか(笑)それは彼女だけではなく、全員に対してそう思いますけど、でも彼女は正真正銘の巨乳。下着姿ではなく、脱いでも相当なモノを持っていたことに気付かされたのでこれは素晴らしいなと。だから当然ですがその巨乳を楽しませてもらいました。パイズリももちろん堪能したのですが、これがかなり良かったです。パイズリされている時の彼女の表情ですよ。今思い出すだけであの儚い表情だけで抜けるレベルの色っぽい表情でしたね。

昔から知っているかのような存在感

懐かしいような雰囲気の存在感のNちゃん。なんで初対面の風俗嬢にそんな気持ちになったのか。いろいろと考えてみたんですけど、きっと彼女、昔浅草の中学に通ってた頃の初恋の女の子に似ていた風俗嬢だからなのかもしれません。昔好きだった色白で細い子。その彼女に何となく似ているんですよね。それで彼女の事が気になって指名して。そして目の前に現れた彼女を見てますます似ているので懐かしい存在感に支配されたんじゃないかなと思いますね。ああいった雰囲気の女の子、確かに嫌いじゃないんですよね。でも懐かしさだけではありません。彼女は新鮮な気持ちをこちらにも与えてくれたんです。きっと彼女、別に初恋の女の子云々ではなく、慣れた手つきで導いてくれました。少し照れ屋なのか褒めるとはにかんでいる姿もとても印象的ですけど、それでも一生懸命頑張ってくれました。その一生懸命さとこちらの快感が比例しているのもあって、彼女に関しては自分自身、最高点を与えても良いかなって。

風俗で案外そそられたなと

自分が思っている以上に風俗でそそられました。相手の風俗嬢はKちゃん。彼女は割とハキハキしているのでセクシー系とはちょっと遠いかなと。ただ、そんな彼女のキャラクターも自分としてはありだと思っているので指名してみたんですけど、自分のイメージ以上にそそられたような気がします。なぜなら彼女、その日はちょっと大人しかったんですよね。怒っていたのか疲れていたのか、それともキャラチェンジなのかは分かりません。ただ、大人しい雰囲気で、笑顔もいつもみたいに「ギャハハ」とか笑うんじゃなくておしとやかなんですよ。それで察したんです。きっとキャラチェンジしたんだろうなと。風俗はキャラクターも大切なのであっけらかんとしているよりかはどこか奥ゆかしくて男がついつい守りたくなってしまうかのようなキャラクターの方が男受けは良いだろうなって。でも元々美形だったこともあって、想像以上にそそられましたし、意外と合っているんじゃないかなと。

慌てて浅草へ風俗という事実

慌てて浅草まで風俗に行ってきました。その理由は、それまでお気に入りとして指名していた風俗嬢が今日が最後だというんですよ。お店の人からそう伝えられた時、本当は「どんな子がいるのかな」くらいにしか思っていなかったのが「今日は絶対彼女を指名しよう」って気持ちになってしまったんですよね。彼女はちょっと暗い雰囲気なんです。でも個人的にはそんな雰囲気がそそられていたんですよ。話だって爆笑して楽しむってよりも淡々と話す感じなんですけど、でもそれが個人的には心地よかったんですよ。だから彼女が最終日ってなればそれまでの恩返しも含めて指名するのは当然かなと。嬉しい誤算というか、最後のお客になれたのでしみじみといろいろと話したんですけど、彼女から「今までたくさん指名してくれてありがとね」って伝えられた時には胸にこみあげてくるものがありました。なんだかその瞬間だけは風俗嬢とお客って関係ではなく、「男女」って関係だったような気がします。